肝斑(かんぱん)・シミ治療の銀座ファインケアクリニック

銀座院・渋谷院総合ダイヤル
WEB予約

一般的にシミと呼ばれる症状

日光性色素班

一般的にシミと呼ばれる「日光性色素班」とは?

私たちの肌は強い紫外線を浴びると一時的にメラニン色素を増やして肌を守ろうとします。

通常は増えたメラニン色素はターンオーバーによって剥がれ落ちますが、シミの部分はDNAの損害によりメラニン色素の増加が止まらなくなり、表皮が厚くなってメラニン色素が思うように剥がれない状態に陥っています。

この症状が一般的にシミと言われている「日光性色素斑(にっこうせいしきそはん)」です。

シミ治療のご紹介

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルの光はメラニン色素に反応しシミを浮き上がらせます。照射後は色素が浮き上がってくるため、少し色が濃くなりますが皮膚の代謝により数日で剥がれ落ち、以前よりも薄くなっていきます。

フォトフェイシャルのしくみ

  1. フォトフェイシャルを照射し、光エネルギーを肌の真皮まで届ける
  2. 真皮層内の繊維芽細胞を刺激
  3. 細胞を活性化させ、コラーゲンの再生能力を高める