肝斑(かんぱん)・シミ治療の銀座ファインケアクリニック

銀座院・渋谷院総合ダイヤル
WEB予約

左右対称に出るシミの一種

肝 斑

よく耳にする肝斑(かんぱん)とは?

肝斑(かんぱん)は一般的に30代~40代の女性に多く見られる左右対称にあらわれる茶色をしたシミの一種です。

原因はまだ明らかになっていませんが、女性ホルモンが関与していると考えられています。治療法もシミとは異なります。

当クリニックの肝斑治療は、2種類の波長レーザーとロングパルス搭載トリプルモードレーザーでキレイに除去していきます。今まで他の肝斑治療で満足できなかった方へおすすめです。

肝斑治療のご紹介

スペクトラ

当クリニックでは医療レーザー治療機「スペクトラ」による肝斑に特化した治療を行っています。2種類の波長レーザーとロングパルス搭載トリプルモードレーザーで施術を2週間ごとに繰り返し行なうことにより、肝斑をキレイに除去していきます。今まで他の治療で満足できなかった方、ぜひ「スペクトラ」で美しい肌を手に入れて下さい。

くすんで見える肌を美白へと変化させ、キメ細かい艶張りのあるお肌へと生まれ変わることが可能です。施術時間も15分と短時間。ダウンタイムが無いため、その日にメイクをしてご帰宅できます。

スペクトラとその他の肝斑治療との違い

きちんと診断をうけてから肝斑治療を始めましょう

肝斑治療に使用するレーザーの種類はシミ治療とは異なります。肝斑なのか日光性色素班なのかしっかりと診断を受けてから治療を始めてください。
また、厚生労働省のホームページガイドラインに従って、レーザー照射前後を比較した症例写真や患者様の体験談は掲載しておりません。カウンセリング時には多くの症例写真等をご覧頂けますのでご安心ください。